top of page
  • 今村和彦

すべてを赦さないといけないのですか?

更新日:2021年11月24日

聖書には「互いに愛し合いなさい」「赦しなさい」と書かれている。「さばいてはいけません」とも。

しかし、人は無条件の愛も、100%の正しさももっておらず、自分の「正しさ」で人を裁き、愛し合えず、赦し合えない。私たちは本当に、何もかも赦さなくてはいけないのだろうか。


このような書き出しではじまる百万人の福音9月号(いのちのことば社)の特集に、「赦しはいったい誰のため?(修復的司法の視点から)」という私の論考が掲載されました。

赦しはいったい誰のため?(百万人の福音9月号)
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.29MB

私の法律家としての原点は「さばいてはならない」という聖書の一節でしたので、ある意味生涯かけて取り組んでいるテーマです。

ほかにも4名の方々がそれぞれの立場で赦しについて語っており、いろいろ考えさせられる特集内容になっていると思いました。


Comments


新着情報

bottom of page